パリのワークショップ

今日、メゾン・ドニョンは、パリ18区のグーテ・ドール地区の中心部にあるモンマルトルの丘の斜面でワークショップを開催しています。私たちはすべてのバッグを作成し、それらを構築し、完全に現場に作ります。

それは夢の実現です:新しい創造と製造を再会する。このようにして、両方とも絶えず相互作用します。それは価値の問題であり、また、生産の品質と同時に、可能な分野を拡大することです。パリの何世紀も前の伝統は、常に芸術の工芸品で驚異を働かせてきました。


新しいフォーム

すべては新しいフォームの検索から始まります。特にキッカーの成形技術を再解釈することによって。3Dで革新的なボリュームを生成する方法で革、補強、ライニングを組み立てる方法。エルゴノミクスのためだけでなく、正式な喜びのために。

したがって、2002年、パリのファッション博物館であるパレ・ガリエラは、フォームの革新的な性質と請求書のために、マリヴォーとVENDÔMEの2つのバッグを取得しました。

この正式な研究により、私たちは有機物と言えるさまざまな原則に従って革製品工場を開発しました。各部分は、その補強と裏地に取り付けられた特定の一貫性を持つモジュールです。次に、袋の容積を得るために異なるモジュールを組み立てます。


秘密の庭園と手仕事

すべては新しいフォームの検索から始まります。特にキッカーの成形技術を再解釈することによって。3Dで革新的なボリュームを生成する方法で革、補強、ライニングを組み立てる方法。エルゴノミクスのためだけでなく、正式な喜びのために。

したがって、2002年、パリのファッション博物館であるパレ・ガリエラは、フォームの革新的な性質と請求書のために、マリヴォーとVENDÔMEの2つのバッグを取得しました。

この正式な研究により、私たちは有機物と言えるさまざまな原則に従って革製品工場を開発しました。各部分は、その補強と裏地に取り付けられた特定の一貫性を持つモジュールです。次に、袋の容積を得るために異なるモジュールを組み立てます。