2000年3月に初のバッグコレクションを発表しました。芸術と革新の技術の交差点での長い冒険の始まり。そして、ワークショップの創造と世界.

「私はパリで生まれ、リヨンで育ちました。私は家族の工場で作られたレースを賞賛したことを覚えています。私は常にファッションと一方で作成することに情熱を注いしてきました。また、手作業や手作業を通して、その一方で。ボリュームの愛好家は、私はそれらを倒すために古典的なシックのコードで遊ぶのが何よりも好きです。»

リュック・ドニン

「二重文化の相続人、遊牧民の祖母に育てられました。彼の連絡先で私は旅行や出会いのために私の好みを開発しました。デカルトと東洋文明によって養われ、私は建築、イメージ構築に情熱を注いでいます。また、歴史や旅行、常に新しい地平線を探しています。»

ラフィク・マヒアウト