Sologne ソローニュ

ヨーロッパの大聖堂のドーム型天井に使われたオジーヴ(石の稜線)の技術は、ロワールの古城にも使われました。「ソローニュ」は、ドーム型の天井を逆さにし、その支えをなすオジーヴを上へ延ばして持ち手にしたバッグです。

ロワールの城を代表するのがルネサンスの国王フランソワ一世の居城。国王が自分の紋章としたサラマンダー(火蜥蜴)が、「良き火を養い、悪しき火を消す」という銘と共に城のあちこちに彫り込まれています。

バッグ「ソローニュ」は、そのサラマンダーのモチーフを特別な技法でレザーの裏側からしっかりと打ち込んだオールハンドメイドのバッグです。「メード・イン・パリ」(Fabriqué à Paris)で最優秀賞を受賞しました。

ナスカンで開閉

ファスナーポーチ(取り外し可能)で仕切られた2つのコンパートメント

SLN1:長さ25センチメートル - 幅25センチ - 高さ28センチメートル

SLN2 : H cm – W cm – D cm

SLN3 : H cm – W cm – D cm

Contactez-nous pour commander ce sac et le personaliser